埼玉県三郷市のピアノ教室 《よしおかピアノ教室》

つくばエクスプレス「三郷中央駅」近くの個人ピアノ教室です♪

足ペダルの役割、知っていますか?

みなさん、こんばんは🌜

本日、うちの娘たちは終業式でした。
夏休みが…始まります🍉

全国のお母さん、がんばって乗りきりましょうね!(嘆)



本日のブログは、まだ足ペダルを使用したことのないピアノ学習者の皆さん、必見ですよ~


グランドピアノやアップライトピアノには、3本のペダルが付属しています。

製造年の古いピアノですと2本しか付いていないものもありますが、今ではこのような3本ペダルが主流となっていますね。

f:id:yoshiokapf:20190726225923j:plain


まず一番右のペダルは「ダンパーペダル」といいます。
これを踏むと、ピアノの弦からダンパーという部品が離れて、弦の響きを解放します。
鍵盤から指を離しても、ダンパーペダルを踏んでいればしばらくの間は弾いた音が鳴ったまま残るというわけです!


ダンパーペダルは、離れている音と音を美しく繋げたいときや、重厚な響きを出したいときなどに使用され、
3本の中で使用頻度がいちばん高いペダルです👑




次に真ん中のペダルですが、グランドピアノの場合は「ソステヌートペダル」、アップライトピアノの場合は「弱音ペダル」と呼ばれており、
名前が違うだけではなく、その役割も全く違います。


ソステヌートペダルは非常に出番の少なく、
クラシックピアノの上級者でもこのペダルを日常的に使用することはありません💦

文章ではちょっと説明しづらいのですが、
「ある特定の音」だけ響きを残したまま演奏したいときに用いられます。
ダンパーペダルと同時進行で使用することが多いので、少々難しく、コツが要ります。



一方、アップライトでは真ん中のペダルは弱音の役割を担います。

踏むと、ピアノの弦とハンマーの間にフェルトが挟まることで音量を抑える仕組みになっています。

ちょっと物騒な話題になってしまいますが、
1974年8月に起きた「ピアノ殺人事件」という恐ろしい事件をご存知でしょうか。

その事件以来、ピアノによる騒音問題は社会的問題として取り上げられるようになり、
比較的グランドピアノよりも一般家庭で使用されることの多いアップライトピアノは、弱音ペダルが付属した状態で製造されるようになったのです…😱




さて、最後は一番左のペダルですが、「ソフトペダル」と呼ばれています。

これは、ピアニシモなど極めて小さな音で演奏するときや、
軽く乾いた音色などに表情を変化させたいとき使用します!


その役割は共通していますが、仕組みが異なります。

グランドピアノの場合、ソフトペダルを踏んだ瞬間に88の鍵盤が一気にゴソッと右にずれます🤪
(目で見てわかるレベルで動きますよ~)

ピアノは1つの音につき、2~3本の弦が張ってあります。
鍵盤を押すとハンマーが弦を叩いて音が鳴るというのがピアノの発音の仕組みですが、
鍵盤が少しズレることで、2本の弦がある音は1本、3本ある音は2本のみ、ハンマーが叩くという変化が起きるので

音量が押さえられ、音の響きも薄くなるのですよ💡


一方アップライトは鍵盤がズレるのではなく、ハンマーが弦に近づいて叩くことで
同様の効果を生んでいます。




いかがでしたか?

グランドピアノとアップライトピアノの構造上のちがいに興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか😌

ピアノの足ペダルに関しては、色々と学習していくうちにいつの間にかダンパーペダルを使用するタイミングが訪れて、
それぞれの役割をよく知らないまま…
なんてこともあるかと思います。


ですが、ペダルの使い方が上手いか下手かで、曲の印象はガラッと変わってしまうことがあるほど
実は大切な役割を果たしているんですよ✨



機会があれば、上手な踏み方のコツなどもブログで書きたいと思います。

では、また次回もお楽しみに~🎶

ハノン教本のすすめ

皆さん、こんにちは👋😃

このブログではピアノの楽曲についても色々ご紹介していきたいと思っているのですが、
ふと思い立って、本日はピアノのレッスンでよく使われる「ハノン教本」について書きたいと思います☆


30分間のレッスンでは、通常2~4冊程度テキストを使用します。

テキストは目的別に分類され、
例えば3冊使用している場合
初級者や幼児のレッスンであれば

①基礎テクニック教本
②レパートリー集
③ワークブック

という組み合わせだったり、

中級者以上であれば
①トレーニング教本
②練習曲集
③レパートリー集や、各種楽曲

という組み合わせであることが多いと思います💡


今回ご紹介する「ハノン教本」とは、上記の「トレーニング教本」に該当するもので、
おおむね初級課程を修了した人がツェルニーなどの練習曲集と併用して使用するテキストと言ってよいと思います。


ハノンは、全音出版、音楽之友社、ペータース版などから出版されています。

f:id:yoshiokapf:20190705104258j:plain

近年では「こどものハノン」など、子供でも扱いやすい仕様になったテキストもいくつか出版されていますね。

f:id:yoshiokapf:20190705104309j:plain


つまり、ハノンは子供から大人まで、ピアノ学習者のほとんどが使用する教本といっても過言ではありません🎵


ハノン教本の主な目的は、
「5本の指の力を均一にし、自由にコントロールできるようになる」というものです。


私たちが日常生活する中で、5本の指を均等に使う機会はあるでしょうか?

恐らく、ほとんどありません。
意識することもあまりないと思います。

ペンを持つ、箸を持つ、はさみを使う、スマホを使う…
そんな些細な動作の中でも、鍛えられている指と、そうでない指が分かれてくるということ。


当然、利き手とそうでない方の手には能力の差がありますが
その中でさらに1本1本の指を使うピアノのレッスンでは、それぞれの指が持つ力の差をはっきりと実感する人が多いはずです。

ですから、右利きの人が多い日本人は
「左手の4番(薬指)、5番(小指)」は他の指に比べると力が乏しく、非常に動かしにくく感じるようです。


それを均一に矯正していこう❗というのがハノン教本なんですね✨


では、ハノンの最初の「1番」はどのような内容か、見ていきましょう。

f:id:yoshiokapf:20190705104329j:plain

「ドミファソラソファミ」のパターンをユニゾン(左右で同じ旋律を同時に演奏する)で繰り返し上行していき、
15小節目からは「ソミレドシドレミ」のパターンのユニゾンで下行していきます。

🎹 分かりやすい音源・動画はこちら↓
https://youtu.be/7eid_ywuSVE


この1番では、「指ひろげ」といって、4と5の指と指の間を広げるトレーニングが主な練習目的になります。

パターンをつかめば初心者でもゆっくり弾けば難しくはありませんが、
よりトレーニングの効果を上げるには、速さが重要です。

5指の力のバランスが悪いと、
速いテンポで「ユニゾン」を弾いたとき次のような問題が生じます。

①左右がズレる(粒が揃わない)
②弱い指だけ遅れる
③音の大きさにムラがでる
④手首が痛くなる


先述のとおり、左右の5本の指で力の差があると、両手で弾いたときに上手く揃わなかったり、
ある指だけ音が弱かったりと、ムラが出てきてしまうわけです😢


次に、ハノンはただ楽譜のとおり弾くだけでは意味がありません。
効果的な練習方法がありますので、説明していきます!


まずは、最初は必ず「片手ずつ」練習してください。
これは基本中の基本ですが、本当に大事です😭😭😭

ハノンに限りませんが、いきなり両手で弾こうとする人は、
左右の手が平等に、自由に動くと思い込んでいる人です。

同じメロディー、同じ和音、同じリズムでも
右手で弾くときと左手で弾くときの違いを感じてください!

そうすれば、どこの指を意識して練習すべきか、自ずと理解できるからです。


そして、もうひとつ。
楽譜どおりに弾けるようになったら、
テキストの冒頭にある「変奏の例」というページを開いてください。

f:id:yoshiokapf:20190705104350j:plain


これは「リズム練習」と呼ばれる練習方法です。
先ほどのハノン1番の単調なユニゾンも、このようにいくつものリズムバリエーションで弾いてみることで、指の力がより強化されます。

文章で説明するより分かりやすいと思うので、ぜひこちらの動画をごらんください。
https://youtu.be/IsgcOA8J8ic


このリズムの変奏によって、長く伸ばす音と短く弾く音が変わってきたり、
アクセントをつけることによって全ての音を力強く弾こうとするので、
バランスよく全ての指を鍛えることができるのです。


リズム練習はハノンだけでなく、
色々な場面で応用できます。

速いパッセージがつまずいて弾けないときや、
ニゾンで遅れるときなど
様々な問題に対応するトレーニングだと言えます!


ちなみに、私が最近
鬼のようにリズム練習していたのがこちら…(笑)

f:id:yoshiokapf:20190705104415j:plain

ショパン作曲「スケルツォ第4番」の最後の部分のスケール(音階)です…😅😅😅



いかがでしたか?

ハノンはつまらない!嫌い!という方も、恐らくいると思うのですが
ひたすら機械のようにリズム練習を何度も繰り返す…
それだけで良いトレーニングになりますので、
退屈だな~と感じても、いっそ感情を無にして(笑)無機的に淡々とこなせば良いのです😊



では、また次回の更新をお楽しみに☆

熱く語っちゃいました!

こんばんは🌜

今日は暑い一日でしたね。
本格的な夏もすぐそこでしょうか🎐🍉


さて本日のブログは

ただただ、熱く語ります!


…(笑)


と言うのも、先日
とある個人ピアノ教室の講師の方(全く面識のない方です)のブログをたまたま見つけて拝見したところ、
このような記事がありました。

3歳児のピアノのレッスンを受け入れない講師について、
もの申す!というような内容です。

(一般公開のブログですが、教室名などは伏せさせていただきました。)

f:id:yoshiokapf:20190625234044j:plain


う~ん。。。

う~ん(笑)

このような考え方をする指導者も世の中にはいるのかもしれませんが、、
すみません。
このモヤモヤした感じ、何と表現すれば良いのやら🤔


当教室では4歳からとさせていただいているので、
せっかくならこの記事について、私の考えを書いてみようと思います。


「赤ちゃんだって鍵盤押したら音鳴ります!」「ピアノに年齢制限なんてないでしょ!」

まぁ確かにそうなんですが、
フルートに息を吹き掛けたり、バイオリンの弦をちょいと弾くだけでも音は出せますよね🎻

ですが、私は、楽器を演奏する人はまず楽器を大切に扱うことから覚えるべきだと考えています。

ですからレッスン室は当然、飲食を禁止していますし
手は清潔に保ち、楽器を乱雑に弾かないよう注意することもあります。

この先生は、、よだれまみれのお手々でピアノを触られたり
ピアノのそばでお漏らしをされても大丈夫なのでしょうか。

そういう意味では「3歳児に教えるのはコワイ。自信ない。」という文章、私は当てはまりますけれど…。


そして「椅子に座って集中できないと思っている」のではなくて、
事実、2~3歳ならばそれは当たり前のことなのです。

走り回って、はしゃいで、じっとしていられないのが子供🏃✨

2~3歳児には身体を使って自然にリズムを学んだり、みんなでお歌をうたったりする「リトミック」のほうが向いています。

事実、この先生は後にこんなことを書いています(笑)

f:id:yoshiokapf:20190625234933j:plain


リトミックのようなことをレッスンでするのなら、純粋なピアノのレッスンができると言わんばかりの書き方では誤解されてしまいますよね😟💦

ちなみに、リトミックならリトミック専門の講師に習うのが一番です。



4歳になると多くの子はすでに就園していて、先生のお話をしっかり聞いたり、
まわりのお友だちをみて「こういうことはしちゃいけないのか」と学ぶようになります。

集中力が高まり、自ら興味のあることに挑戦しようとする年頃でもあり、
それだけ3歳と4歳のちがいは歴然としています。

(子育てしていますので、身をもって知った事実です😭)


もちろん3歳から習う子も少なくありませんが、
当教室では以上の理由から原則として4歳以上とさせていただいております。



習い事の低年齢化によって、
ピアノ教育においてもそれに便乗したビジネスが横行していますが

私は表面的な楽しさを重視しておらず、
お子様の成長に無理なく合わせた質の高いレッスンを提供しています。


まぁ、ピアノの講師と言っても
現役で演奏活動する傍らバイトで教えている方や、
音大を出ていない方など
その実態は様々ですので、
結局は「よい先生と巡り会えるか」
それに尽きると思います❗


まだまだ精進していかないといけません😇

では、皆さま明日もよい1日を☆